うつ病対策のミニ知識

うつ病対策のミニ知識 うつ病という病をご存知でしょうか。憂鬱な気分が続く、気分が沈み込む等、悩まされている方も多いのではないでしょうか。一般的に、抑うつ気分と喜びの喪失が大きな特徴とされる病として、多くの人に知られています。この病の患者は、多種多様な身体症状を訴えます。頭痛やめまい、便秘等も挙げられます。中でも睡眠問題、慢性疲労は、要注意しなければならない症状です。活動性が低下するなど、日常の生活に大きな支障をきたし、精神的に追い詰められるまでになることがあります。

そんなうつ病の対策として挙げられるのが、1つ目として、日常のストレス対策を行うということです。うつ病は再発しやすい病でもあるので、それを予防するためにも、ストレス対策はとても重要となってきます。

2つ目としては、薬物療法を行うということが挙げられます。薬物療法では、多様な抗うつ薬を中心とし、服用します。これは一般的に、重症の患者を対象として行われる療法とされています。

3つ目としては、非薬物療法を行うということが挙げられます。非薬物良療法とは、精神療法やカウンセリングを行うといった療法です。ただ、この精神療法がすべてのうつ病に有効ということにはなっておらず、一般的に軽症から中等のうつ病を対象として行われている療法とされています。
どの療法を行うかは、専門家に相談してみるとよいでしょう。

最新ニュース